ソーラーレモンのメリットについて

個別管理が可能に

パワコン1台ごとの管理が可能。また一目でわかるシンプル表示。

また温度も計測していますので、故障が発電所なのか、計測器なのかも判別しやすいくなっております。

簡単設置かつ、パワコンへの影響がないCT式

精密なエラーを拾える監視システムには、RS485接続などでマスター&スレイブ方式で制御しているものもあります。この場合は、設置の仕方や雷などの異常気象、違法電波などにより、外乱を拾う場合もあり、折角の監視が逆に発電に影響を与える可能性もあります。

ですがソーラーレモンなら、CT方式で影響を与えません。そのために、計測誤差もありますが、重要なのはパワコンの動きになりますので、これで十分だと考えます。

休業補償保険利用で発電事業の安定化に

現在では、低圧発電所であっても、休業補償保険加入をすることにより、実質的な売電補償体制を築くことができます。大災害や地震、戦争が起きた場合以外は安定した事業が継続することが出来ます。

ただし実際の補償の際には、正確な事故期間=停止期間の証明が必要になります(利益保険の場合は、収入減少に対してなのですが、休業補償はあくまで日額なので停止した日数の把握が必要なのです。)

そのために、確実な稼動、安定経営、のためには、計測器が必要ですが、各PCS純正品もかなりのお値段がします。同等以下のお値段で、通信費込のソーラーレモンなら遠隔監視も可能です。