売電事業安定へのご提言

休業補償保険に入りましょう

初期に太陽光発電所を設置した場合、休業補償保険が含まれて居ない場合もあります。また総額10万円などの制限がある販売会社独自のものも多いです。

ですが、計測装置取り付けで、休業補償保険への加入が可能になります。

年間1万円以下で日額1万円最大365日まで受け取れます。


Q.事故が起きたらソーラーレモンで気づくんだから休業いらないんじゃない?

A:系統事故などによる長期の停止の場合や、災害で自分の物件は破損しないものの、長期に地域が停電した場合などに役に立ちます。

また盗難事故などで発電所を損壊された場合に修理期間中の補償を受けることができます。

これによりローン返済などへの影響も最小限度になります。

Q.災害保険とか入っているし10年間分払っているんだけど、休業補償だけのために入りなおすの?

A:休業補償単体でも保険にはいれます。たとえば、東京海上日動の企業総合保険(休業補償条項)などが利用できます。法人でなくても入れる保険もあります。

Q.計測装置がないウチの発電所にも休業補償ついているから計測装置なんていらないんじゃない?

A:加入契約自体は可能です。ただ損失算定の場合に

「停止の期間」

「損害額の概算(停止期間の大体の発電量などを裏付けるデータ)」

が必要なります

そのために、計測装置が必要になるのです。